葵 導尿・浣腸、ゴムパンティーにお漏らし

Vol.273 調教日 2012年1月17日

動画25分、画像9枚

 

{使用浣腸:ビッカーカテーテル浣腸、300ccガラス浣腸器でグリセリン浣腸液500cc以上}


昨日に続き今日も浣腸調教する。

昨日の浣腸調教ではお腹にあるものをタップリと出したようだが一夜でどの程度たまっているのか楽しみである。

まず導尿。

両足を大きく開きそのまま縛りつける。

ツルツルの陰部が丸出しになり、その恥ずかしさからか葵は両手で顔を隠してしまう。


カテーテルを入れバルーンで固定。

弁を開くとチョロチョロと恥ずかしい音が聞こえ始めた。

両手で隠された葵の口から恥ずかしげな声が漏れだす。


ローターを渡し、オナニーを命じてると『イヤイヤする』という感じだったが

すぐに反応し両足がひくつき始めた。

ロータの下からカテーテルが伸びた姿はなんともいやらしげに映る。


さて今日の浣腸はビッカーカテーテルでの大量浣腸である。

両手を拘束、立たせたままエネマシリンジで浣腸液を送り込んでやると

普段の可愛い顔が、とてもつらそうなM女の表情に変わる。

「お腹痛い…出したい…」

バルーンが膨らんでいるため出すことは出来ずに苦しむ葵。


しばらく苦しませたあとバルーンの空気を抜くと、ゴムパンティーの中に浣腸液が漏れだしてきた。

排泄物で膨らむゴムパンティー。

手でたたくと「タプタプ」と恥ずかしげな音がする。

これだけ大量に漏らしてもほとんどこぼれないゴムパンティーの威力はたいしたものである。

次回は浣腸して街なかを連れ回してみるとするか。




エネマ倶楽部にてこのギャラリーの動画、画像を公開中!(1月16日より約3ヶ月間)

入会案内はこちら!

⇒ 巨乳娘浣腸ギャラリートップページ