【緊縛講習会】

私はハプニングバー、「ミルキーウェイ」で本格的な緊縛を習いました。

講師は私の縄の師である「殿」です。

「縛って浣腸できるように。」と思ってはじめたのですが、今では緊縛の魅力にすっかりはまってしまいました。

麻縄で縛り浣腸。縛られたままで羞恥排泄。もうたまりません。(笑)

都内で緊縛を覚えるならミルキーウェイが一番いいと思います。


各講習会の詳細は以下の通りです。。

中級講習会

  • 麻縄を使った本格的な縛りをおぼえたい方が対象です。
  • 高手小手縛り、菱縛り、胡坐縛り等を指導します。

上級講習会

 中級修了者もしくは同等の技術をお持ちの方が対象です。
  • 水平吊り、横吊り等、主として吊りを指導します。
    (ご自分の縄が必要です。店内で販売もしています。)

費用:

  • 中級 2,000円(一回/2時間程度)
  • 上級 4,000円(一回/2時間程度)  モデル手配の場合は別途費用が必要です。

別途入店料が必要です。毎週参加される方はVIP制度のご利用がお勧めです。


⇒ 緊縛講習会の詳細、申し込みはこちらのページをご覧下さい。

(事前に申し込みが必要です。詳しい日程は見るキーウェイのスケジュールをご覧ください。)


⇒ ハプニングバー・ミルキーウェイのホームページはこちら


ミルキーウェイが一番いいと思う理由

【理由1:リーズナブル】
以前通ったプロ縛師の緊縛講習会は生徒が4,5人、モデルさんが2,3人で15000円でした。今も緊縛講習会の相場は15000円前後です。それに比べればミルキーウェイの緊縛講習料はとても安いと思います。
また、ミルキーウェイにはVIPという料金システムで通ったでとてもリーズナブルに習得できました。(VIPとは1ヶ月定額料金で何回でも入店できる制度の事です。)
【理由2:短期間で習得】
リーズナブルなので月に何度も練習することができます。講習は週一回ですが縄の上手な常連さんがほぼ毎日いるのでいつでも教えてくれます。当然習得も早くなります。ちなみに私は週2〜3回通い2カ月程度で下記画像の縛りを覚えました。
【理由3:マンツーマンでの指導】
講習の定員は2名ですが2名の時はほとんどありません。マンツーマンで2時間教えてくれます。
【理由4:パートナーがいなくても大丈夫】
ミルキーウェイには縛られたくて遊びにくる単独女性が何人もきています。ある程度基本を覚えてその女性たちと仲良くなればモデルをお願いすることもできます。

参考に私が覚えた縛りの画像を載せておきます。

緊縛講習会 水平吊り

水平吊り

緊縛講習会 立吊り

縦吊り

緊縛講習会 鳥カゴ

縦吊り(鳥カゴ)

緊縛講習会 逆吊り

逆さ吊り

緊縛講習会 菱縛り

菱縛り

緊縛講習会 片足逆さ吊り

片足逆さ吊り

Copyright (C) 2010 「おっぱいと浣腸の世界、若の部屋」 All rights reserved
ブログパーツ